デスクワークは特に重要!腰痛にならないための3つの対策法

姿勢はとても重要なポイントになる!

デスクワークをしている人は、どうしても前かがみになりがちです。しかしこの前かがみの姿勢を長時間続けていると、腰痛になってしまう原因となります。首の骨と言うのは本来S字形をしていて、頭はこの形によって支えられています。そのため前かがみの姿勢を長時間続ける事により、首の骨が真っ直ぐになってしまって、頭が本来ある正しい位置で支える事が出来なくなってしまうのです。こうなってしまう事により、頭n重さが直接腰にかかってきてしまい、腰痛を招いてしまうのです。腰痛を起こさないためにも、正しい姿勢でデスクワークをする事を心掛けて行きましょう。

長時間の同じ姿勢は腰痛の原因に!

デスクワークをしていると、どうしても同じ姿勢の状態でデスクワークを続けてしまうケースとなります。しかしそれは腰痛を引き起こしてしまう原因となり、早めの対策が必要となります。長時間同じ姿勢のまま座っていると、ある一定の場所だけに大きな負担がかかってしまいます。その負担はイメージするよりも、とても大きな負担となりますので、注意が必要です。デスクワークをしていると、こういった腰への負担が多く、これらの負担が腰痛を引き起こす原因となりますので、デスクワークをする際には時々ストレッチをするなど姿勢を変えるように心掛けましょう。

眼精疲労も腰痛の原因に!?

デスクワークをしていると、長時間モニターを見続けるといった作業が多い傾向にあります。しかし長時間モニターを見続けると、目の疲れを招いてしまうます。眼精疲労は腰痛を引き起こす原因にもなりますので、注意が必要です。目が疲れてしまうと、自律神経が乱れてしまい、骨盤の周りの筋肉の働きが弱まってしまう傾向があります。そのため腰痛を招いてしまうといった結果になってしまいますので、出来るだけ目は疲れないようにする事が重要なポイントになります。

腰痛の名古屋の解消法を調べたい時には、実績の豊富な整形外科や整骨院のサポートの良しあしを見極めることが良いでしょう。